FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お遊び

「疼く?我慢出来ない?」
「良いよ。イジイジしようねぇ。」

待ってました、とばかりに。
許可された事への感謝を述べながら、
下腹部へと手を伸ばす。

片手はペニスに、
もう片方の手は……乳首に。

「すっかり乳首弄りが癖になっちゃったね。」
「いっぱい弄ったせいで敏感になっちゃって、服が擦れても気持ち良くなっちゃうんだもんね。」

重なる射精禁止と、それによる極度のムラムラ。その結果、シャワーの水で微かに感じた……という報告を期に面白半分で指示し、始めた乳首開発。
今では乳首弄り無しでは物足りなく感じる程の性感帯となったようだ。

荒い息の間に喘ぎを混ぜながら、自らの弱点を追い込み続けている。
乳首はじっくりと、ペニスは少し手荒く。

「もう夢中、だね。」
「一心不乱、必死になって扱いちゃって……w」

早くも大きく喘ぎ、震わす身体。
しかし、精は1滴として漏れてはいない。
……射精許可をしていないのだから当然といえば当然だが。

「寸止めになったかな?」

そういう間にも再び扱きだし……喘ぎ、また身体を痙攣させる。

「ちょっと扱いただけで寸止めになっちゃうねw」
「おちんちん、刺激に弱々になっちゃったねぇ。」

言う間にも手は止まらない。
息を詰め、震え、喘ぐ。連続して寸止めし快楽を貪る姿に、口角が上がる。

「感度の敷居が最底辺の弱々過敏おちんちんで大変だね?」
「早くシコシコしたらすぐ危なくなっちゃうから、ゆっくり扱こうね。」

扱くペースが落ちる。しかしすでに身体は快楽を享受する準備が整いきってしまっているのだろうか。
ペースを落としたにも関わらず、身体は射精しようとし、再び寸止め。

これ以上は射精してしまう、
そう告げてくる。が、止めさせる気は毛頭ない。

「じゃぁ、扱かずにナデナデしなよ。」
「服着てその上からでも良いよ。優しーく、ね。」

指示通り、撫で始める。
扱かず、股間を撫で摩する動き。
まるで女の子のオナニーのようだ、と恥ずかしげに……興奮して伝えてくる。

女の子のような行為は、どんどんと動きを早く、強く、激しさを増していく。

「ダメよ、優しくナデナデしないと。」
「……並の女の子より敏感なんだからw 敏感なのに激しくしちゃダメでしょ?」

しかし、手は責めを緩めない。
気持ち良さに完全に呑まれているのか、夢中で撫で続ける。

扱かせて下さい。
案の定、されるオネダリに、

「もうおちんちんで物を考えちゃってるみたいだねw」
「良いよ、シコシコしても。その代わり……本当にギリギリになるまで、寸止めしてもらうからね?」

言ってすぐさま、扱きたてる手。

「……何秒で寸止めになっちゃうかな?w」

意地悪く笑う傍らで、一分と経たない間に2度連続して寸止めし、大きく喘ぐ。

「逝けないのに、寸止めしか出来ないのに、なのに、シコシコしたい欲でいっぱいになっちゃってw」

そう言葉を紡ぐ間に、寸止めの回数を増やす。
一分と保たず身体の震えを重ねていく、惨めな姿。

「寸止め、辛い?……苦しい?w」

しかし、こちらの想像に反する答え。

─気持ち良い。ずっと続けたい。

延々と強いられる射精寸前の快楽に、どうやら完全に溺れてしまったようで。
なおも、終わりのない自虐は続く。

喘ぎがどんどんと大きくなる。
間隔が回を経る毎に少しずつ、それでも確かに短くなっていく。

「すごい……いっぱい寸止めになってるね。」
「寸止めがクセになっちゃったら、すんなり射精するのじゃ満足出来なくなっちゃうかもね?w」

─もうだめ。
重なる寸止めに射精感が大きく大きく膨れあがり、とうとう限界が来たようだ。
……でも、本番はここから。

「ダメ、じゃないよ。そうだね……あと5回くらい寸止めしたら中断していいよw」
「5回くらいなら大丈夫でしょ?」

本当にギリギリまで、って言ったよね?
問いかけに対する答えとして、余裕の一切ないままに続けられる自虐。

切羽詰った呻きと喘ぎ。
慎重に、しかし容赦なく、1回、また1回と増えるカウント。

堪えるのに必死な、しかし快感に満ち満ちた寸止め遊び。

「どんなに逝きたくっても、まだまだ射精なんてさせてあげないから。」
「寸止め大好きな変態さんになりきっちゃおうね?」

そして、5回目の寸止め。
ギリギリのギリギリまで追い込まれ、それでもなお回数もわからず命令を守ろうと手を動かそうとする。

「はい、止め。」
「寸止め5回終わったし、止めて良いよ。」

ぐったりと、しかしあそこは大きくしたまま。
今日も射精なしで、自虐の時間は終わった。

快楽も抜けきらぬままに、いつものように寸止めの許可をされた事に改めてお礼を述べる。
楽しいお遊びを終えて、私はいつもと同じ言葉を返す。

「いい子でよく頑張ったね!」
「……また明日も、寸止め遊びしようね?w」





あったことだったり、なかったり。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くー

Author:くー
こじらせM男の方々と会話していて浮かんだものや、
一時の衝動をまとめた物置。
短編と言うよりは概要に近いものばかり。
会話相手がマゾさんばかりなので、そういった内容に偏っています。

楽しく読んで頂けると幸いです。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。