FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

してみたい事。

もしそんな事が出来るとしたら。
きっととっても楽しかろうに。




部屋には、男と女が一人ずつ。
シャツに膝丈のスカートというシンプルな服装で、足を組み、男を見つめている。
男は衣類の類を身につけておらず、下半身は機械に飲み込まれているように覆われ、ペニスだけがくびりだされている。

長く射精を許されていない男は、射精を餌に、今日も弄ばれる。


提案された射精の条件は、
『100分、ペニスを握ったまま耐える事。』
『100分耐えれば、扱いて射精することができる。』
『ただし、時計は与えられず、体内時計のみが頼りである事。』
『一分でも一秒でも、100分より短いと、下半身を固定している機械によって射精する筋肉へ送られる脳からの【射精せよ】という電気信号を妨害し、射精出来なくされる。』
『妨害がされると、また100分経つまで射精は出来ない。』

握ることは出来るのに動かせない。
正しく生殺しの状況を、酷く面白そうに目の前で観察する女。
女の手元にはスイッチがあり、一度ペニスから手を離せばすぐさまそれを操作され、100分射精禁止が延長になるように仕組まれていた。

手を離す事も許されず、早く時間が経つ事を祈りながらやきもきしつつ耐えるだけ。


絶えず言葉で、服を軽くめくる等の仕草で煽られ、耐えきれず扱けば長い禁止期間の反動から簡単に来てしまう限界。
加減して刺激し続ける事で100分の間やり過ごそうとしようとも、浅ましい欲が更なる刺激を欲してやはり同じ結果にしかならない。
寸止めでもされる禁止のカウント。増える禁止時間。
そして、時が経つ毎におかしくなっていく挙動一つ一つに投げかけられる笑い声。


今日も、男の忍耐が保つ事はなかった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くー

Author:くー
こじらせM男の方々と会話していて浮かんだものや、
一時の衝動をまとめた物置。
短編と言うよりは概要に近いものばかり。
会話相手がマゾさんばかりなので、そういった内容に偏っています。

楽しく読んで頂けると幸いです。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。