FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『優しい』虐め

「今日は優しく虐めて!」なんて言われて、
いいよー、なんて笑いながら、早1時間。

私に抱きしめられる彼は、口を半開きにして惚けた顔のまま、荒く息を吐いている。


彼には事前に言ってある。
「逝きたかったら、いつ逝っても良いからね」って。
でも、彼は一向に逝かない。


こうして抱きしめながら、ずーっとずーっと扱いてあげて。
耳元では、
「ほら、気持ちいいね。好きなだけ気持ち良くなって良いからね」
「逝きそうだねー…ほら、もうちょっとだよ?」
「好きな時に逝って良いからねー」
と、囁いて。
逝きそうになったら、手を離す。
そして、寸止めで身悶える彼の頭を撫でながら、
「大丈夫?」なんて尋ねてみて。

それを繰り返していたら、とうとう口からは意味のある言葉なんて出てこなくなっていて。
ブルブル震えながら、ギューっと抱きしめてくるだけ。

……ほら、また逝き損ねたw


それでも彼は、抱きしめるだけ。まるで、それしかもうすることを知らないみたいに。
そんな彼に、いっぱい気持ち良くなってね、って囁く。
口の端が釣りあがるのを、見られないように気をつけながら。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くー

Author:くー
こじらせM男の方々と会話していて浮かんだものや、
一時の衝動をまとめた物置。
短編と言うよりは概要に近いものばかり。
会話相手がマゾさんばかりなので、そういった内容に偏っています。

楽しく読んで頂けると幸いです。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。