FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期検査

今日は1ヶ月ぶりの「定期検査」。

目の前には一糸纏わぬ姿の貴方。



「定期検査」の時は気をつけをすること、



それを強いられている貴方は、下腹部で主張しているものを隠すことも出来ない。


……触れてもいないのに、完全に大きくなっている姿には笑いが漏れる。

まぁ、仕方ないだろう。ここ数ヶ月、貴方は射精出来ていないのだから。


「定期検査」を無事クリア出来れば射精。


その課題をクリア出来ないまま、前回から1ヶ月ぶりの今日。こうして立っている訳だ。



赤い安っぽいビニールテープで、大まかな足のサイズの楕円を2つ描く。

この円からは、1歩として歩くことは許さない。
「検査」に、何より大事な事だ。



楕円に足を収め、起立。

「定期検査」中、少しでも動いたらまた来月。
そうなれば射精のチャンスはなくなってしまうから、貴方は起立の姿勢を維持し続ける。
……小さく小さく、身体が震えているが、それは見逃してやる。


起立する周りを、ゆっくりと回る。
舐めるように、余す事なく、視線を身体に這わせながら。

まじまじと見つめられているからか。
ヒクヒク…と揺れる下腹部を指差し、
「動くなと言いましたよね?」と問う。


……揺れは止むどころか、その上先端が濡れる始末。

何も言わず見つめられる、ただそれだけで興奮しているのだろうか。
吐く息の間隔は狭まり、徐々に勢いも増していく。

しばらく見つめた後、
優しく、しかし意地悪く、耳元で囁く。
「そろそろ検査もちゃんと完了しないといけないですからね……仕方ないから見逃してあげます。そ・れw」


……ヒクリ、と揺れる肩。
細かく震える、吐く息。


限界ギリギリで耐えている……こんなに見てわかりやすいものもないだろう。

射精欲でここまで追い詰められ、射精欲でここまで耐えている。

すべての元凶はただ一つ。それに本人は気づいているのだろうか。



……細かく息を吐きながら、目を瞑り震える貴方の。
触れる事すら許されていない、同じく震えるモノに、静かに手を伸ばす。

軽く握った瞬間、まるで電撃が走ったかのように震え、口からは言葉にならない音が漏れる。


「視診は終わり、次は触診ですよ。」


ゆっくり、ねっとりした動きで、先から付け根まで、緩く握った手を扱くように動かす。


どこか切羽詰った声と、瞬間的に量を増した我慢汁。
笑う膝が身体を支えきれず、片足が1歩、楕円を踏み出す。


……それを確認した直後、手を離し、すぐさま布で拭う。
なくなった刺激と一気に増した疼きに、絶望と欲求に満ちた呻きをあげながら、その場にへたりこむのを横目に眺めながら。


「せっかく見逃してあげたのに……。円から出てはいけないと毎回言ってますよね?動いたからやり直し、また来月来てください。」

服を着て下さい、その言葉に懇願だけをぶつけてくるいつもの姿。


項垂れ、収まらずズボンの前を膨らませたまま後にする後ろ姿を見送る。

次はどうしようか……残酷な妄想に耽りながら。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くー

Author:くー
こじらせM男の方々と会話していて浮かんだものや、
一時の衝動をまとめた物置。
短編と言うよりは概要に近いものばかり。
会話相手がマゾさんばかりなので、そういった内容に偏っています。

楽しく読んで頂けると幸いです。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。